本文へジャンプ

支所店拠点に地域との絆深める

 

依知地区「親子ふれあい収穫祭」

収穫祭
梨のもぎとりを楽しむ参加者

JAあつぎは、組合員と地域住民、JAが一体となる支所店を拠点とした地域活動に力を入れ、各地区の特色ある活動で、交流を深めながら組織基盤の強化を図っています。

8月17日には、厚木市関口の依知支所を会場とした「親子ふれあい収穫祭」を開催しました。イベントには地区内の住民40人余りが参加。地区の組合員組織の代表者で構成する依知地区運営委員会が主体となり実施しました。

イベントでは、地区内の農業の紹介をテーマに、収穫体験や食体験などをカリキュラムに取り上げました。参加者は、近隣にある鈴木果樹園で、最盛期を迎えた梨の収穫を体験。果実の色や大きさ、味などを確かめながら、家族で楽しそうに梨を収穫しました。昼食は、女性部員が地場農畜産物をふんだに使って調理した「特製カレーライス」を用意。参加者は、体験を通じて、地域農業の存在を身近に感じる貴重な機会となりました。