本文へジャンプ

本所ふれあい販売がスタート

 

地域により身近な「夢未市」へ

本所ふれあい販売
多くの来場者でにぎわいを見せる会場

JAあつぎは、新鮮で安全・安心な地場農畜産物を販売するJA農産物直売所「夢未市」をより多くの人に知ってもらい身近に感じてもらおうと、8月よりJA本所で「本所ふれあい販売」をスタートしました。

毎月第1水曜日の午後1時30分から3時30分の間、本所1階の多目的ホール「ふれあい」を会場とし、同直売所の商品を地域住民へ販売します。地産地消の重要性を促し同直売所のPRを図るとともに、販路を広げ農家所得の向上につなげる取り組みとして定着化を目指しています。

8月3日の初日は、トマトやキュウリ、ナスなどの夏野菜に加え、かながわブランドに登録される「あつぎせせらぎ米」や加工品など、バリエーションあふれる商品の数々が並びました。

今後は、来店者の動向をふまえ、販売品目の充実を図るとともに、「夢未市」のさらなるPRを図っていく予定です。