本文へジャンプ

米の消費拡大にも一役

 

DaidoCoひなた「ライスミルク講習会」

ライスミルク講習会を開催

講師よりライスミルクのポイントを学ぶ参加者 

JAあつぎでは昨年、管内で生産される厚木産キヌヒカリが「かながわブランド」に登録され、JA農産物直売所「夢未市」を中心に、さらなる米の消費拡大に力を入れています。「食」と「農」の大切さを伝えるクッキングスタジオ「DaidoCoひなた」では、米の新たな活用方法として「ライスミルク」に注目し、3月30日に講習会を開きました。

講師は、JAが委嘱するふるさと先生の三橋小夜子さんが講師を務めました。参加者は、「ライスミルク」を作成し、「イチゴのミルクゼリー」と「チキンボールのクリームシチュー」を調理。ライスミルクが持つ自然の甘味料としての使い方をはじめ、肉を柔らかくする効果や食材の味を引き立てる役割など、そのまま飲むだけでなく、さまざまな料理の材料として活用できることを学びました。

現在、日本の「米の消費量」は年々減り、特に若者の米離れは深刻です。JAあつぎでは、「食」と「農」の両面から管内で生産された米の魅力や米が持つパワーを発信し、JAならではのアイディアを生かしながら米の消費拡大に向けて実践していきます。