本文へジャンプ

冬の収穫体験で子どもの笑顔あふれる

 

JAあつぎ50周年特別企画「冬の収穫体験ツアー」

2

JAあつぎは50周年特別企画として12月21日、「冬の収穫体験ツアー」を開きました。

これは子どもたちに自然とのふれあいを通じて仲間作りや食の大切さ、収穫の喜びを実感してもらうことが目的です。毎年夏に開かれる「夏休み収穫体験ツアー」に参加した児童を対象に、管内の小学生4~6年生の計86人が参加。当日は、自然の宝庫・伊豆半島を訪れました。

子どもたちは、ミカン狩りやダイコンの収穫を体験。自分たちで収穫したミカンをその場で食べると、「甘くておいしい」と笑顔があふれました。

行程には、大型動植物園の散策やバター作り体験、動物とのふれあいも組み込むなど、仲間との交流を深めながら「食」と「農」について学ぶ一日となりました。

34

伊豆斉藤農園と酪農王国オラッチェでミカンとダイコンの収穫を体験しました。高い所に実るミカンは友達と協力し合いながら収穫し、分け合いながら食べるなどほほ笑ましい場面も見られました。

1

収穫体験の他にも、さまざまな行程を組み入れました。大型動植物園の散策では、初めて見る動植物に子どもたちは興味しんしんです。現地スタッフの話を聞きながらクイズラリーにも挑戦しました。また、収穫したダイコンの葉をヤギや牛に与えるなど、多くの生き物と触れ合いました。