本文へジャンプ

「夢ある未来プロジェクト」で花の植栽活動

 

組合員組織が一体となって展開

a

JAあつぎが展開する組合員組織の連携事業「夢ある未来プロジェクト」の一環として、生産組合と女性部、青壮年部の代表者とJA職員が、10月下旬から11月中旬に掛け、管内8カ所の保育施設と介護老人施設で、園児や利用者とともに厚木産のパンジーを植栽しました。

b

「夢ある未来プロジェクト」のプレートを付けて完成!

植栽用に用意したパンジーは約3,000株。活動に参画するJA鉢物部会が生産したもので、栽培過程では、女性大学「夢未スクール」のスクール生が、プラグトレーで生育させた苗をポットに移植。施設の訪問だけでなく、パンジーの生産段階にも、組合員の連携体制がありました。
11月11日の市内温水にある「ぬるみず幼稚園」には、南毛利地区の組合員組織の代表者とJA職員が訪問しました。園児は、花色が異なる4株のパンジーをプランターに植栽。土に触れる喜びを噛みしめながら「きれいに育ってほしいな」と、今後の生育に期待を寄せました。

c

組合員組織の代表者が施設を訪問(別日程の「とびお幼稚園」)