本文へジャンプ

どろんこバレーで地域交流

 

どろんこバレーボール大会in南毛利南

1

▲積極的なプレーで大会を盛り上げた職員▼

2

田植え前の水田でのバレーボール大会として、地域で親しまれている「どろんこバレーボール大会in南毛利南」が6月2日、厚木市愛甲地区の水田で開かれました。

この大会は、同地域などの住民で作る南毛利南地区青少年健全育成連絡協議会の主催。土とのふれあいを楽しみ、地域の輪を広げることが目的で、今年で5回目となります。

JAは、地域に根ざした活動を進める中で、この活動趣旨に賛同。協力組織として大会を支援し、賞品として厚木産キヌヒカリを提供しました。 


当日は、多くの観客が集まる中、小学生の部から一般の部まで計60チーム、約600人が参加。JA職員もチームを結成し、大会へ出場しました。 

始めは、おそるおそるプレーしていた出場者も、熱中すると泥まみれになりながら、懸命にボールを追いかけていました。