本文へジャンプ

第2回JAあつぎふれあいサッカーフェスティバル

 

サッカーを楽しむ

JAあつぎは3月18日、厚木市営南毛利スポーツ広場グラウンドで「JAあつぎふれあいサッカーフェスティバル」を開きました。管内の児童とその保護者、合わせて136人が参加。
教室には、当JAがオフィシャルクラブパートナーとして参画している湘南ベルマーレサッカーチームから選手、コーチなど8人が講師として参加しました。

サッカーを楽しむ(親子)1
サッカー楽しむ(親子)2

親子でドリブルの練習

パス練習とトラップの練習を楽しむ親子

サッカー楽しむ(親子)3サッカー楽しむ(親子)4

ゴールに向かってシュート練習!

参加した皆さんで集合写真
(親子ふれあいサッカー教室)

今回で2回目となるこの取り組みは、学年別に午前と午後の2教室に分けて行いました。未就学園児と小学生低学年を対象とした「親子ふれあいサッカー教室」では、親子で一緒にドリブルやシュート、ミニゲームなどを体験。午後の「実践サッカー教室」では、同チーム中村祐也選手と福田健人選手が参加。児童たちは、一緒に攻撃と守備を学ぶ練習をしたりアドバイスを受けながら、一生懸命にボールを追いました。
今回の教室は、当JAの地域貢献活動の一環です。厚木市がホームタウンの一つである「湘南ベルマーレスポーツクラブ」と協力して、サッカー教室やソフトボール教室、管内小学校の体育巡回授業などスポーツを通じた地域の子どもたちの健やかな成長を見守っていきます。

サッカー楽しむ(実践)5サッカー楽しむ(実践)6

選手からアドバイスを受ける

選手と練習を実践

サッカー楽しむ(実践)7サッカー楽しむ(実践)8

ミニゲームでは笑顔があふれた

参加した皆さんと選手を囲み集合写真
(実践サッカー教室)