本文へジャンプ

准組合員のつどいを開催

 

多くの准組合員が参加する

01
02

JAあつぎは2012年1月28日、厚木市文化会館大ホールで「JAあつぎ准組合員のつどい」を初めて開きました。これは、当JAの准組合員を対象とし、農業とJA事業のさらなる理解促進を図ることを目的としています。

当日は、870人あまりが参加。開会に先立ち、井萱修己組合長は「組合員がお互い力を合わせてJAの事業利用や活動を行うことで、さまざまなことを実現できるのが協同組合である。これからもJAあつぎの活動を広く知っていただき、ぜひ参加してほしい」とあいさつしました。

03
04
コウケンテツ氏、岸朝子氏、井萱組合長笑い声にあふれた島田秀平氏の講演会

第1部は「健康は食事から 食の安全とは」と題したトークショーを、料理研究家の岸朝子氏とコウケンテツ氏を招き行いました。ゲストには、事前に農産物直売所「夢未市」に出荷された、地場農畜産物を試食してもらい、品質の確かさを確認してもらいました。ゲストからは「新鮮で、安全安心な、高品質の農畜産物を、身近に簡単に手に入れられることは、すばらしいことだ。季節の食材を豊富に使った料理が楽しめる」と地産地消の大切さと、安全安心な農畜産物の重要性などについて語りました。第2部には、島田秀平氏を招き手相を使った講演会を行い、会場内は笑い声にあふれました。