本文へジャンプ

節電に向けた対策について

 

各店舗で取り組む

JAあつぎでは、JAグループで取り組む「夏のピーク時使用電力15%削減」に向け、さまざまな取り組みを全店舗で実施しています。

市内水引にある本所では、5月上旬からグリーンカーテン用のネットを2階と3階のベランダに設置しています。プランターには、ニガウリをはじめアサガオ、フウセンカズラなど蔓性の植物を植えることで、建物の窓や外壁を植物のつるや葉で覆い、夏の室温上昇の抑制と、冷房使用を抑制する効果を期待しています。さらに農業用遮光ネットを窓と屋上に設置し、グリーンカーテンと併用することで、室温の上昇を抑えることを目指しています。

 当JAではこれらの取り組み以外に、店舗内やATMコーナーにある照明の必要最低限の点灯と、空調の設定温度の調整、PCのスタンバイモードなどの活用、7月1日からATM平日利用時間短縮などを実施し、JA全体で節電に取り組みます。

グリーンカーテンと遮光ネット