本文へジャンプ

巡回授業に参画

 

サッカーを通じて子どもたちの健全育成を応援

JAあつぎは5月9日、NPO法人湘南ベルマーレスポーツクラブが、市立愛甲小学校の5年生計71人を対象として開いた、体育巡回授業に「巡回授業パートナー」として初めて参画しました。これは、JA理解促進を目的にした社会貢献活動の一環。同スポーツクラブの活動に参画することで、スポーツを通じた、子どもたちの健全育成も目的の一つとしています。

ロゴが入ったビブス(チーム分け色つきベスト)
サッカーを楽しむ児童ら授業を前にハイチーズ!

この授業は同クラブが2001年より、ホームタウンとしている県内10市町村で実施。今年度厚木市では、2011年5月から7月まで、市立小学校23校の児童、2,230人あまりを対象に実施する予定です。授業に参加した児童は同JAのロゴが入ったビブスを着用。同クラブのコーチ2人の指導のもと、校庭内を駆け回りながらボールに慣れ親しみ、基本練習やミニゲームなどを楽しみました。