本文へジャンプ

学生が企画に参加

 

フラワーアレンジメント講習会を開催

杉山さんからアレンジのポイントを学ぶ参加者桃の節句をイメージしたアレンジメント

「夢未市」研修交流室で、東京農業大学の学生が講師を努めた、フラワーアレンジメント講習会を開きました。これは、企画段階から学生が参加した、初めての講習会です。JAあつぎでは、行政・大学との地域連携を進めており、2010年には通年型食農教育イベント「夢未Kidsスクール」などを実施しました。同スクールにボランティアとして参加した、同大学農学部バイオセラピー学科4年生杉山遥さんが2009年、2010年と技能五輪全国大会フラワー装飾部門で敢闘賞を受賞しており、その専門知識を活用した講習会を当JAとともに企画しました。

講師から学ぶ参加者

講習会には10人が参加し、3月の桃の節句を前にひな人形をモチーフにしたアレンジメントに挑戦しました。器にはペットボトルと牛乳パックを廃品活用として利用しました。ミスカンサスなどを使うことでより立体的なアレンジとなり、切花だけでなく、鉢花を加えることで長く楽しめる作品に参加者は大満足でした。

完成した作品を前に