本文へジャンプ

ふれあいサッカーフェスティバル開催

 

サッカーを楽しむ

JAあつぎは、2011年1月15日に厚木市温水西にある市営南毛利スポーツ広場グラウンドで、当JA管内の未就学園児、児童とその保護者、合わせて178人を対象とした「JAあつぎふれあいサッカーフェスティバル」と題したサッカー教室を開催しました。
これは、当JAのさまざまな事業・活動を広く地域の皆さまに知ってもらうとともに、スポーツを通じ、皆さまの健康で心豊かな暮らしの実現、地域貢献などを目的に、初めて開催しました。
講師には、湘南ベルマーレサッカーチームから選手、コーチなど8人を招きました。平塚競技場をホームグラウンドとして、活躍している同チームのホームタウンには厚木市も含まれており、当JAは同チームを支援しています。

ふれあいサッカーフェスティバル01
ふれあいサッカーフェスティバル01
ふれあいサッカーフェスティバル03

午前には、未就学園児や小学校低学年の児童とその保護者を対象に「親子ふれあいサッカー教室」を実施し49組98人が参加しました。この教室には、菊池大介選手が参加。子どもたちの前で、リフティングやシュートの実演を行い、大きな拍手と歓声に包まれました。教室最後には、親子でミニゲームを行うなど、親子一緒に楽しめる内容に笑顔と歓声で盛り上がりました。

ふれあいサッカーフェスティバル04

午後には、小学校高学年の児童80人を対象に「サッカー教室」を実施しました。サッカーチームに参加している児童も多く、基礎から応用テクニックまでの幅広い内容の教室となりました。この教室には遠藤航選手が参加し、子どもたちに実演を交えながら指導をしました。最後に行った試合では、子どもたちは一所懸命にボールを追いかけ、勝負にかける気迫が伝わってきました。

ふれあいサッカーフェスティバル05
ふれあいサッカーフェスティバル06
ふれあいサッカーフェスティバル07

各教室終了後には、菊池、遠藤両選手によるサイン会も開かれ、多くの子どもたちがサインを求め並ぶなど、スポーツを通じJA理解の促進を図る充実した教室となりました。

ふれあいサッカーフェスティバル08