本文へジャンプ

厚木産鉢物を地域に紹介

 

JAあつぎ園芸まつり

地域住民に対する農業理解の促進を目的にJAあつぎは2010年4月29日、園芸まつりを本所で開きました。野菜苗や鉢花、植木の即売をはじめ、園芸相談コーナーの設置により、来場者へ栽培指導なども行いました。

イベントの一つとして、季節の花々を使った寄せ植え体験も実施し、75人の来場者が参加。厚木産花きを紹介することを目的としており、協力組織である同市鉢物部会が講師を務めました。参加者は、マリーゴールドやペチュニア、ベゴニアなど、彩り豊かな花を思い思いに配置しました。

鉢物部会の野口政夫部会長は「厚木産の鉢物を市民に紹介する有意義な場となった。今後も、一層の理解促進を図るため、部会員が一丸となり生産努力を続けていきたい」と抱負を語りました。

JAあつぎ園芸まつり

JAあつぎ園芸まつり