本文へジャンプ

夢未市で食と農をテーマにイベントが開催されました

 

伝統技術と習慣に触れる 恵方巻き作り教室

節分の日を控えた2010年1月27日、伝統の技術・風習の継承を目的に、ファーマーズマーケット「夢未市」の施設内にある「研修交流室」で恵方巻き教室を開き、20人が参加しました。講師は小野在住の三橋小夜子さん。

参加者は、完成後の断面を考えながら、酢飯の上にかんぴょうや厚焼き玉子などの具材を配置。すだれを使用するコツを教わりながら丁寧に恵方巻きを仕上げました。

調理に止まらず、縁起物とされる恵方巻きの語源や由来、風習とされている食べ方についても学びました。

「夢未市」では、食と農をテーマに、季節に合わせた各種イベントを企画しています。実施内容は店頭広告とJAホームページで告知。店頭商品の利用方法を紹介するため、料理試食やレシピ紹介も行っています。

すだれを使い恵方巻きを仕上げる

すだれを使い恵方巻きを仕上げる