本文へジャンプ

お酒の豆知識

現在位置:HOMEの中の店舗・ATMからお酒の豆知識
酒ショップのオススメコーナーですショップ名物お酒の豆知識
所在地 相模原市中央区中央6-10-10
JA相模原市本店1F
電話番号 042-755-2111(代)
営業時間 午前9時~午後5時
定休日 土・日・祝日
酒ショップ地図

焼酎の原材料

大麦(イラスト)

大麦
焼酎の原料には六条大麦や二条大麦が使用されていますが、現在では二条大麦が主流。


米(イラスト)


イネ科で一年草の実です。焼酎造りに使われる米には、粒が短い国産米と粒の長いタイ米があります。


甘藷(イラスト)

甘藷(さつまいも)
「甘藷(かんしょ)」「唐芋(からいも)」と呼ばれ、古くから焼酎の原料とされてきました。


そば(イラスト)

そば
タデ科の一年草。実を粉にして原料に使います。雲海酒造がそば焼酎の火付け役!


黒糖(イラスト)

黒糖
イネ科の多年草であるサトウキビの搾り汁を煮詰めて造る黒砂糖のこと。酒税法で特別に認められています。


その他の原料(イラスト)

その他の原料
最近では、とうもろこしや、かぼちゃ、ごま、じゃがいも、なつめやし、わかめなど様々な原料で製造されています。

焼酎のおいしい飲み方!

1.お湯割り

お湯割りこそ、芋焼酎の個性が活きる、最高の飲み方。
順番は、まずお湯から入れる。熱湯ではない70度程度のぬるめのお湯が最適!

ヤカン(イラスト)

焼酎(イラスト)

2.水割り

焼酎を水で割り、すぐ飲むのではなく、一晩ねかせるのがコツ。
熟成がすすみ、口あたりが「まろやか」になります。その差は歴然!

水(イラスト)

焼酎(イラスト)

時計(イラスト)

3.フリーザー

すごく簡単!冷蔵庫のフリーザーに一晩入れておくだけ。
度数の高い焼酎は凍らずに「トロッ」とします。これが最高にうまい!

焼酎(イラスト)

冷蔵庫(イラスト)

時計(イラスト)

4.お茶割り

温かくても冷たいお茶でもGood!!カテキンも吸収できるのでヘルシー。
※カテキンとは緑茶に含まれる渋味の事です。抗菌、殺菌作用があり食中毒の予防にも役立ちます。

お茶(イラスト)

焼酎(イラスト)

5.わさび割り

生ワサビ(なければチューブ入り)を少量入れて溶かします。
ワサビがほんのり香る、この一杯!

わさび(イラスト)

焼酎(イラスト)

6.トマト割り

トマトジュースと焼酎をお好みの割合で。トマトに多く含まれるリコピンには抗ガン性や心臓血管系の予防効果があり健康的。

トマト(イラスト)

焼酎(イラスト)

7.唐辛子割り

生の鷹の爪(生唐辛子)を輪切りにする。グラスに氷を入れ、焼酎と一緒にかき回します。最高においしいよ!

唐辛子(イラスト)

焼酎(イラスト)

ページの先頭に戻る