トップ > キヌヒカリの成長記録

おいしいお米ができるまで 「キヌヒカリ」の成長記録

日本を代表する風景のひとつに水田の情景があります。その水田の中で、お米はどのように育っていくのか、収穫までの約5カ月間、自然の恵みと農作業の様子をご覧下さい。

− − 神奈川県推奨品種 「キヌヒカリ」の成長記録 − −
11月
から
4月

「たおこし」の様子

冬の間の作業について紹介します。
   たおこし
   用水路の整備
消費拡大PR運動について紹介します。
「地産地消」活動について紹介します。
5月

「苗作り」の様子

苗作りの様子を紹介します。
   育苗箱に種まき
   根や茎の丈夫な苗を育てる
   育苗組合による苗の配送
6月

「田植え」の様子

田植えの様子を紹介します。
  • 田植え
  • 田植え直後は、かよわい苗を風や寒さから守るため、水は深めにはる
  • 9月上旬までこまめに水の管理を行う
7月

「分けつ」の様子

苗の生長と分けつの様子を紹介します。
  • 一株3、4本の苗は、「分けつ」で20本前後に
  • 田の土をほぐし、雑草を取る
  • 田んぼの水をぬいて一週間ぐらい土をかわかす「中干し」
8月

「稲の成長具合」のチェック

幼穂形成期について紹介します。
   「分けつ」を終えると稲の穂のもとができ始める
   幼穂形成期の水の管理(間断灌漑)
   稲の成長具合に応じて追肥を行う
9月

たわわに実った稲穂

稲の開花と受粉について紹介します。
   出穂
   開花と受粉
   出穂後の水の管理(間断灌漑)
10月

「稲刈り」の様子

稲の収穫の様子を紹介します。
   稲の実りを見きわめ、計画的に刈り取る
   もみを乾燥させる
キヌヒカリ」の出荷の様子を紹介します。
   もみがらを落として玄米にする
   出荷、販売

トップ > キヌヒカリの成長記録