文字サイズ

事業の概要

JA神奈川県中央会とは

JA神奈川県中央会は、JAグループ神奈川のメンバーであるJA(農協)、連合会(JA県信連・全農かながわ・全共連県本部・県厚生連他)を会員に、その健全な発展を目的に、農業協同組合法に基づいて設立された組織です。

JAグループ神奈川は、約31万人の組合員で構成するJAの組織で、神奈川農業の発展だけでなく県民の食糧を守る活動を行うほか、地域社会に対する貢献活動にも取り組んでいます。

中央会は、神奈川県を代表する総合指導機関として、会員の経営および組織・事業の指導、監査、教育などの事業を行うほか、行政庁への建議を行うなどの役割を果たしており、JAグループ神奈川のリーダー的な性格をもつとともに、きわめて公共性の強い非営利法人です。

事業の概要

JAに対する総合指導機関として多様な事業に取り組んでいます。

事業内容
  1. JAの組織、事業及び経営の指導
  2. JAの監査
  3. JAに関する教育及び情報の提供
  4. JAの連絡及びJAに関する紛争の調停
  5. JAに関する調査及び研究
  6. その他、本会の目的を達成するために必要な事業
  7. JAに関する事項について関係行政庁に対する建議

以上のほか、本会の事業は、農業・農家の全ての問題におよび、経済(販売・購買)事業、信用事業、共済事業、新聞・出版事業、観光事業、医療・福祉事業などすべての機能を備えた巨大な組織JAグループの総合指導機関であり、シンクタンク、コンサルタント的機能ももっています。

設立

昭和29年10月1日

本所所在地

横浜市中区海岸通1-2-2

事業所

教育センター(平塚市)

機構と事業内容
  1. 総務部
    財産管理、経理、人事労務
  2. JA改革対策部
    自己改革、組織整備、JAグループ神奈川の意思結集・企画機能の発揮、高齢者福祉活動の充実
  3. 経営相談部
    経営管理体制の構築、法務・税務・労務管理の相談・指導
  4. 監査部
    JA・連合会の会計監査の実施
  5. 農政地域対策部
    都市農業の振興、農政運動の推進
  6. 営農企画部・営農サポートセンター
    JA営農・経済改革プランの支援
  7. 教育部
    組合員・役職員教育の実施・支援
  8. 役員室
    共通役員秘書業務、理事会・総会の開催
  9. 監査室
    監事監査の実施
  10. 広報局
    TVK番組・FM番組の企画・提供、日本農業新聞県版の編集、JAグループ神奈川誌の発行